気づかないうちにamazon プライムに勝手に入会している!巧妙な罠に対する対抗策を解説

amazon プライムに入った記憶がないのに、無料体験を利用していることになっている、どういうこと?

管理人
管理人

アマゾンで注文したときに「次に進む(試す)」というボタンを押した方は要注意です。

Amazonで買い物をしていただけなのに、気づかないうちにプライム会員になっていた。

Amazonプライムの会員になった記憶がないのに、勝手に500円の会費が引き落とされて困っているという方がいませんか?

今回はなぜ申し込んでいないのにAmazonプライム会員になってしまうのかという理由と、登録したプライム会員の対処方法について解説していきますね。

amazonプライムの無料体験を知らぬ間に利用しているという罠について

なぜ契約した覚えのないプライム会員になっているのか。

一番考えられるのは、知らないうちに30日間の無料体験申し込みをしていたということです。

アマゾンを利用していた人は以下の画像に見覚えはありませんか?

アマゾンの配送には「通常配送」、「お急ぎ便」、「お届け指定便」という3つの方法があります。

この「お急ぎ便」は届ける先によって異なりますが、通常は500円ほどの料金がかかりますが、プライム会員になればこの「お急ぎ便」が無料で利用できるます。

ここで厄介なのが、「お急ぎ便」を選択しなくても、アマゾンを利用してると上記の画面が出てくるということ。

具体的には「配送&会計」の画面で「今回のご注文から無料のお急ぎ便をご利用頂けます」という文言が出てきたら要注意。

右下の大きな黄色のボタンは「次に進む(試す)」と書いてありますが、これ正確には「Amazonプライムの30日間無料体験を利用して次に進む」という意味

プライム会員にならずに買い物を続けるのは、左側にうっすらと書かれた「プライム無料体験を試さないで注文を続ける」を選ぶ必要があるんです。

このオレンジのボタンは正直わかりづらく、間違えて押してしまうは当然かと。

ほとんどの人は「次に進む(試す)」のボタンを押すと、Amazonプライムの会員になるということに気がつきません。

そして気がつかないまま、30日間の無料体験期間がすぎた後、有料会員に移行して500円を引き落とされるという自体に。

これがAmazonプライム無料体験の罠というやつなんです。

勝手にamazonプライムの会費500円が引き落とされたけど 解約して返金してもらえる?

プライム会員になった原因はわかったけど、これって解約して返金できるの?

 

管理人
管理人

一度もサービス利用してなければ、全額返金されます。
利用した場合でも、残りのプライム会員期間があれば、その分は返金されますよ。

Amazonプライム自体は便利なサービスで、プライムビデオを利用する人やアマゾンのお買い物を日常的に利用する人なら、そのままプライム会員を継続しても問題ありません。

ですがAmazonプライムを利用するつもりではなかった人や、ひどい登録の方法で会員にさせられたので、お金を払いたくないという方もいらっしゃるはず。

そんな人はプライム会員を解約(退会)すれば、返金を請求することも可能です。

もし、アマゾンプライムを契約してから、一度もサービスを利用していなければ、全額の返金をうけられます。

プライム会員の特典を利用した人でも、会員期間が残っていれば、残りの期間は一部返金してもらえますよ。

Amazonプライムを解約・退会する方法

では実際にプライム会員を解約して、返金してもらう方法について解説していきます。

まずはAmazonのトップページにアクセス。

すると、メニューの左上にある「アカウント」をタップしてください。

アカウントを下のほうまでスクロールさせてみましょう。

すると「アカウント設定」の中に「プライム会員情報の設定・変更」があるのでそこをタップしてください。

会員情報を下にスクロール。

「プライムのお支払い設定」の「会員資格を終了する」をタップしてください。

解約に際しての注意が説明を下へスクロールしましょう。

「特典と会員資格を終了」をタップしてください。

同じように下へスクロールし、「会員資格を終了する」をタップしましょう。

最後にもう一度確認されますので、「特典と会員資格を終了」をタップ。


以上でAmazonプライムの解約は完了になります。

解約を完了すると、「キャンセルを受け付けました」というメールが届くはずなので、確認してくださいね。

ちなみに、返金は解約をすれば自動的に返金されるので、別途手続きが必要にありませんよ。

返金は決済された方法で返金されます。

クレジットカードならクレジットカードへ払い戻し、アマゾンギフト券ならギフト券で返金しますよということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました